前身の2000系時代から数えると、実に半世紀以上も宇治線で活躍してきた京阪2600系。親に手を引かれて買い物に出かけた幼少の日々も、電車通学をしていた学生時代も、私の生活の一部となり、私の成長を見守り続けてくれた。そんな彼らが、古巣である宇治線からとうとう姿を消した。長年の活躍に敬意を表するとともに、これまでさんざんお世話になってきた地元住民の一人として、慣れ親しんだ沿線の風景とともに、長老たちの最後の活躍を記録することにした。


Copyright © Club2600. All Rights Reserved.